私は熱帯魚を飼っています。


今までは小さめの水槽で飼っていたのですが、狭くて魚たちがストレスを感じていたようです。


そのせいか魚同士の喧嘩が起こり、虐められた魚が1匹死んでしまいました。


そのため、今日ついに大きい水槽を購入して来ました。


熱帯魚はとてもデリケートな魚で、水質や水温の変化でパニック状態になったり、最悪死んでしまいます。


だから大きい水槽へ移しかえるときは慎重な作業になります。


私は熱帯魚を飼い始めて半年くらいの初心者なので無事に移すことができるかちょっと心配でした。


まずは別の容器に魚たちを移すことにしました。


私が飼っている魚は、大人のグッピー2匹、赤ちゃんのグッピー4匹、ネオンテトラ1匹、プラティ1匹の合計9匹です。


これら全て1つの水槽で飼っていますが、実は面倒な問題があります。


プラティは周りの魚と相性が悪いので袋で隔離。


赤ちゃんのグッピーは小さくて食べられてしまうため、これも袋で隔離。


つまり、3区画に分けて飼っているのです。


これだから水槽のスペースが狭くなるのですね。


とりあえず容器に魚たちを分けて入れてヒーターをつけました。


魚たちはいつもと違う場所に動揺している様子。


しばらく動かずに固まっていました。


その間、私は水槽、濾過器、砂利などを洗いました。


以前に一度だけパニックになったネオンテトラが容器から飛び出してピチピチしていたことがあったので、目を離さないように時々様子を見に行きました。


そして掃除は完了。


新しい水槽に25度くらいのカルキ抜きした水を用意しました。


バクテリアも入れて濾過器で水を循環させます。


さて、ここからが魚たちにとっての試練になります。


新しい水は今まで住んでいた水と水温、水質が異なるので、いきなり環境が変わると死んでしまうのです。


まずは水温を合わせるため、魚たちを容器から袋に移しました。


そして水槽の上に浮かばせました。



これである程度水温が同じになったら、袋の中に新しい水を少しずつ入れて慣れさせていきます。


そして最終的には袋をとって水槽へ。


魚たちは緊張して固まっていましたが、元気そうでした。



しっかりプラティと赤ちゃんの隔離もできました。


これで終了です。



この作業に半日かかってしまいました。


熱帯魚の世話は大変ですが、毎日愛くるしい姿を見ると癒されます。



グッピーがまた出産しそうなので、赤ちゃんが増えるのが楽しみです。


みんな、長生きしてほしいです。
2017/05/19(金) 22:30 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL